【魚図鑑】ハコフグ

名前 ハコフグ
漢字 箱河豚
語源 体が多数の鱗板からなる堅い甲をまとっており、形が箱状なことからついた
別名 なし
分類 フグ目 > フグ亜目ハコフグ
サイズ 20cm~30cm
分布 東北地方から九州南部にかけて
生息域 浅いサンゴ礁域
習性 危険が迫ると皮膚から毒を出す
秋、冬
食べ方 味噌焼き

ハコフグの毒

危険度
魚の特徴 体色は濃い緑色で小さな白色斑がある
毒の場所 肝臓・卵巣・腸・ 皮膚・筋肉・精巣
種類 粘液毒・中毒
毒素 粘液:パフトキシン
肝臓:パリトキシン
症状 しびれ・筋肉痛・呼吸困難・けいれん
応急処置 解毒剤は確立されていない
嘔吐排泄させ、人工呼吸による呼吸確保

アイゴ 仕掛け

タックル

仕掛け一覧

磯竿 1~1.5号 4.2m~5.3m
スピニングリール 2000番~3000番
道糸 1.5~3号
ウキ止め 道糸に適合したサイズ
棒ウキ B~3B
からまん棒 中サイズ
サルカン 4~6
ハリス フロロカーボン 1.5号
ガン玉 B~3B
チヌ針 1~3号

釣り場一覧