【魚図鑑】オニダルマオコゼ

名前 オニダルマオコゼ
漢字 鬼達磨虎魚、鬼達磨鰧
語源 オコゼの「オコ」は、顔が愚かで奇怪で醜いという意味がある。「オニダルマオコゼ」は鬼のように醜い魚という意味
別名 イシアファー
分類 カサゴ目 > フサカサゴ科 > オニダルマオコゼ属
サイズ 40cm程度
分布 小笠原諸島、九州~沖縄にかけて
生息域 サンゴ礁域、岩礁域の砂地
習性 夜行性で周囲の岩礁や砂に擬態して環境に溶け込み、小さな魚や甲殻類を捕食する
春、夏
食べ方 刺身、唐揚げ

オニダルマオコゼの毒

危険度
魚の特徴 体色は黒色や褐色で皮膚は分厚くゴツゴツしている
毒の場所 背ビレ
種類 刺毒
毒素 たんぱく質
症状 激しい痛み・腫れ・痺れ・血圧低下・呼吸障害・発熱
応急処置 ①毒を押し出すように傷口を水で綺麗に洗い流し針が残っていれば取り除く。
②40~50
度くらいの熱いお湯で30〜90分ほど患部を温める。タンパク質でできている毒は熱によって毒素の組織を分解し症状を和らげることができる

アイゴ 仕掛け

タックル

仕掛け一覧

磯竿 1~1.5号 4.2m~5.3m
スピニングリール 2000番~3000番
道糸 1.5~3号
ウキ止め 道糸に適合したサイズ
棒ウキ B~3B
からまん棒 中サイズ
サルカン 4~6
ハリス フロロカーボン 1.5号
ガン玉 B~3B
チヌ針 1~3号

釣り場一覧